消費者金融

信用情報機関とは

消費者金融やキャッシング会社で融資を受ける際、金融業者側は信用情報機関へ個人情報の照会を行います。取り寄せた個人データには、過去の借金履歴や現在の借金総額などが詳細に記載されています。金融業者はこのデータを基に、融資の可否を判断することになります。

これまでは消費者金融系列の全国信用情報センター連合会と、信販会社系列のCIC等はそれぞれ独立しており、一部情報についてのみネットワークを通じて情報交換をしていました。つまり、基本的には消費者金融での借金と信販会社での借金の情報はリンクされておらず、金融業者側は顧客が抱えている借金総額を把握していなかったわけです。

0

しかし近年、情報機関の情報共有化により借金総額が合計されることになりました。これによって年収の三分の一以上の新規借り入れが制限される総量規制が可能となったのです。

キャッシング会社が新規に融資を申し込んできた顧客に対して、信用情報機関へ照会した際、総量規制の対象者であったなら即、融資は不可と判断されることになります。また、過去に過払い金返還請求をした人なども、却下される傾向にあるようです。

つまり、過払い金請求を実行した人は、融資非適格者とみなされるわけです。実情に合致しなくても、貸金業者がリスクとの兼ね合いで営業している以上、やはり再融資は困難と考えたほうがいいかもしれません。